カテゴリー
釣行記

楽しきアメマスの釣り(前編)

「昨夜外へ出掛けたら河口で大量の魚がライズしていた。あんな光景初めて見たよ、跳ねていたあの魚は何だったのだろうか?…」そんな情報を聞き入れ海が見える高い場所から漁港を眺めると漁船がぞろりと岸壁に係留し何かを荷揚げしている様子🚢「この時期の水揚と言えばイワシに違いない、外海から湾内へイワシが入り込みそれを追ってアメマスが捕食していたのだ」と。例年であればいつも釣りする川は盆明けにアメマスが釣れる。7月になったばかりだがあの様子では川へ上った個体もいるかもしれない。そんな事を考えながら釣りの支度を始めます。例年楽しみにしているアメマス狙いの釣りシーズンが開幕です(*^▽^*)                     ※以下の写真はクリックすると拡大されますよ

いつも釣りする川は大雨増水等でポイントも徐々に変わります。「川の水量とか濁り具合を見ながら今日は釣れるかな?」と期待を寄せながら歩く川岸、そんな思いとは裏腹にこの時期は歩けば歩くほど汗だく(; ・`д・´)背丈が低かった草も日に日にグングン伸び獣道すら解らない。何処を歩いて良いのかと心が折れそうになりますが、川へ目を向ければどこから魚が出て来てもおかしくない流れが続きます

海でのベイトはイワシ、ならばそれに近いミノーを選択すべきですがスプーン好きな私が選んだのは<ABUトビーサーモ30g>かなりの自重がありますがそれ程引き重りはなく両面シルバーのアピールも強烈「ヒット!」と思って上がってきたのはウグイさん「将軍」とか「キュッキュッ」なんて呼んでいますが私の釣りには欠かせない存在です。最初の一撃はグンとくるのですがね…

「去年よりここの場所深くなった」とか「倒木の位置がズレた」なんて流れの変化を観察しながら丁寧に探ります。ルアーも取っ替え引っ替え、ミノーにしたりスプーンに変えたり時にはスピナーやジグ、ワームまで出します。なかなか簡単には釣れない時もあるのですがそれが面白いですね。今季初の遡上アメマスは写真の彼(彼女)?でした。銀毛が強いフレッシュランのアメマスです

湿原の川で良く見掛けるトンボ🦟調べてみたら「ヨシボシトンボ」という名前でした。彼らも魚のエサとなるのかな?トンボやヤゴに似せたルアーを使ったらバンバン釣れるかも。カワトンボも良く見ますhttps://knebiglobe.net/wp-content/uploads/2024/01/DSC_0184.jpg

アメマスやイトウは横向きになっていても直ぐに立ち上がってしまうのでこの様なアングルでの写真も多くなります。上から見た背中の模様は鯖のようです。このアメマスが飛びついたルアーは果たして海にいた時のイワシに見えたのかな?

お目当てのアメマスが釣れて一息つこうと思いナラの木に竿を掛けたら小さな緑色が目に付きます。良く見るとゾウムシ「オオアオゾウムシと言うそうです」でした。一緒に撮ったスマッシュミノーが11cmなので1cmちょっとの大きさでしょうか

何か重たいぞと思ったらスプーンにイシガイが…「やった御守り釣れたでや」とか言ってニヤニヤ(・∀・)するのですが、丁重にリリースします(ただ川へ投げるだけなんですけどね)次はアメマス連れて来てくれー!

今度は本命のアメさんを出してくれました。流石はお気に入りのオールドスプーンしっかりと働いてくれます。集めたレトケの写真も載せておきます(1枚だけアイラススプーンです)      https://knebiglobe.net/wp-content/uploads/2024/01/レトケ-scaled.jpg

パワフルな遡上アメマス、こちらはシャグスプーン(偽物)で釣れました。ニセシャグは湿原河川専用でスペアは相当あります、安いからと言いながら正直買いすぎと少し反省していますが🙇最近ではルアーもかなり高額になっていますし、こういうアイテムを増やしてほしいですね

この魚を掛けた直ぐ後で「ガサガサ ドドドド」と大きな獣の気配😱クマに違い無かったと思います⚠私が言うのも何ですが熊対策は万全に楽しい釣りを心掛けましょう

出番待ちのレッドヘッド…この日はノーフィッシュでしたが、秋頃アメマスがスプーンに反応しなくなってから活躍してもらいます。このルアーは昔からウルトラマンエースとあだ名しています

口元のキズは針傷ではなく元からあったもの、網に掛かって逃れたのかイトウさんとケンカでもしたのでしょうか?きかない顔で迫力のあるアメマス、ボスといった感じです。釣り上げるのも一苦労でした(;^_^A

昨年釣れた魚は大きなサイズが多かったですね、丸々した体型が銀色に輝いています✨引きが強すぎてルアーとフックを繋ぐ糸をぶち切っていったヤツもいました(針先だけに注意を払い繋ぎ糸がすり減っていた事には気づきませんでした)…

年に数匹だけ釣れるヤマメ、たしか23cmほどと記憶していますが綺麗な魚に見惚れがち🤩いつかは尺山女魚を釣り上げたいと思います。そうなるとヤマメ用のタックルも用意しなければなりませんがそれはそれで楽しみです

春の湿原河川でイトウを出してくれたダンサーこの日もカッコいいアメマスが速攻で喰い付いてきました。今年も白赤コカコーラの活躍に期待します(笑)   https://knebiglobe.net/wp-content/uploads/2024/01/ダンサー他-scaled.jpg

[シャ~ツ]と音が聞こえてきそうなしゃくれアメマス、表情や模様が色々違って見えるのもこの魚の特徴というか魅力です。春先に釣ったアーロンアメさんにそっくりですな(このまま水面を割って飛んでいきそうな雰囲気でしたが)https://knebiglobe.net/wp-content/uploads/2024/01/DSC_0203-scaled.jpg

当然の如く釣りは楽しいですが自然の中で過ごす時間や経験は何ものにも代え難いものと思います。暑い時は川に入って涼んだり頭から水をかぶったりと楽しいものです。釣りの様子等は動画に纏めておりますのでよろしければご覧くださいhttps://www.youtube.com/watch?v=gWu0gkfEvOc&t=1s         以後の釣行についても空いた時間を使ってこのブログへ書きたいと思います📖🖊